お金を貸したら戻ってこない?

お金を借りて返さない人がいますが、もらったのと勘違いしているのではないでしょうか。
カードローンや銀行から借りた場合は督促状が来ますし、返さずにいると破産に追い込まれます。
ですが、個人同士の借金はどうしても返済がルーズになりがちです。

高額のお金をいきなり誰かに貸す人は少ないと思いますので借りられませんが、少しのお金でも知人や家族に借りるのは、迷惑になるのでやめましょう。お金のトラブルは、いずれ人間関係を破たんさせます。

少しだから、もうすぐ返すからといった甘えは良くありません。貸したほうはいくら少額でも必ず覚えています。又、その場で持ち合わせが無く借りる場合でなく、預貯金が無い状態で借りるのは絶対によくありません。

返す当てがない場合は借りてはいけないのです。

返してもらえないほうの立場になればわかると思います。はなはだ迷惑ですし、個人同士でもあまりルーズにしていると、訴えられることも普通です。

借金をする人の多くは借り入れる理由が生活費やギャンブル、飲み代や異性へのプレゼントといったものです。それらすべての理由は、借りなくても何ともないことが多いです。

個人同士の場合、貸す方は返してもらえるのか不安ですし、できれば貸したくないのです。ニュースでは、お金の貸し借りで殺人事件が起きているのを頻繁に見かけます。もともと殺意が無い相手でも、最悪事件にまで発展させてしまうのがお金のトラブルです。

知人や身内といった個人同士の借金は絶対におすすめしません。

借金返済の方法はこちらに詳しく書かれています。